jump to content immediately

『日本旧石器時代の礫群をめぐる総合的研究』刊行のお知らせ

旧石器研究者必携の書!

『日本旧石器時代の礫群をめぐる総合的研究』

保坂康夫著

刊行のお知らせ

日本列島の旧石器時代遺跡に広く発見される礫群について、研究の到達点を総合的に示したはじめての研究書です。本文477ページ(内引用文献18ページ)、挿図217 、表125。著者が広島大学から博士(文学)号を授与された学位論文で、35年にわたる研究の集大成です。旧石器研究者はもちろん、縄文時代の集石の研究にも参照すべき重要な研究書です。

是非、お求めください。

本書の構成

1. 礫群の定義

礫群の定義を、配石など他の遺構との比較をとおして明確にした。

2. 研究史

岩宿発掘以降の研究史を詳細に検討し、礫群研究の論点を明らかにした。

3. 属性分析

重量、完形度、接合関係、石器ブロックや母岩資料との関係など、重要な属性の分析例を示した。

4. 実験考古学研究

礫の割れ、平面分布、熱に関する特性について、実験研究による中範囲理論の確立を試みた。

5. 礫群の地域性と変遷

*列島各地の礫群の保有状況や、構成礫数、総重量や平均重量、石賀について集計し分析した。

*列島全体を20地域に分け、初源から細石刃石器群まで6段階の時期設定を行って変遷を把握した。

*139の挿図を提示し、約300ページで詳述した。

*縄文集石への変遷過程や、初源期礫群の特徴、密集型礫群、土坑の伴出などを詳細分析。

6. 礫群と旧石器時代社会

礫群の特徴の要点と旧石器時代社会における存在意義・役割についての仮説を提示した。

なお、出版社からの刊行では頒布価格が高額になるため、あえて自主出版し、印刷実費程度の低価格としました。書店ではお求めになれません。ご支援いただきたく、是非お求めいただけますようお願い申し上げます。

頒布価格 5,500円(送料別)

送料2冊まで 500円、3冊 900円、4冊 1,200円

一度に5冊以上お申し込みの場合は、送料を当方で負担いたします。

●申し込み方法

郵便振替をご利用ください。下記の口座に、申し込み者氏名、送り先住所、購入冊数をご記入の上、代金および送料をお振り込みください。入金を確認した後に、発送いたします。

(口座番号) 00200-7-101190(口座加入者名)礫群研究出版会

admin in 図書 on 10月 22 2012 » 0 comments
Your Reply:


required


required (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments