jump to content immediately

Posts filed under '旧石器文化談話会'

旧石器文化談話会第111回定例会のご案内

時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
旧石器文化談話会第111回定例会を下記のとおり行いますので、お知らせいたします。

日時  6月17日(土) 18:30~

場所  同志社大学新町学舎 渓水館1階 会議室

発表者 鹿又喜隆(かのまたよしたか)

東北大学 大学院文学研究科・文学部歴史科学専攻日本史学講座考古学分野 准教授

題目  「環境適応と石器の使用

(さらに…)


旧石器文化談話会第110回定例会のご案内

時下、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、旧石器文化談話会第110回定例会を、下記のとおり開催いたします。

今回は、他県から来京される金成氏より、「黒曜石製遺物の原産地推定における「精確さ」について」という題目で、12月9日(金)に発表頂けることになりました。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。

なお、開催場所は、同志社大学新町学舎渓水館1F 考古学実習室になっております。

また、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもふるってご参加ください。

(さらに…)


旧石器文化談話会第109回定例会のご案内

時下、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度、東京大学の西秋良宏教授の科研費の関係で、北京大学の王幼平教授が東京でのシンポジウム(11/5、11/6)のあと11月7日(月)に同志社大学を訪問されます。この機会に最近の中国旧石器考古学の研究動向を話していただく機会をもうけたいと考え、旧石器文化談話会第109回定例会の案内を、下記のとおりお知らせ致します。また、講演後に情報交換を兼ね、懇親会を別途開催します。

平日開催にはなりますが、どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。

(さらに…)


旧石器文化談話会第108回定例会のご案内

晩夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、旧石器文化談話会第108回定例会の案内を、下記のとおりお知らせ致します。

今回は、高木 康裕さんより、「肉眼観察による縄文時代のチャート製石器の産地推定―京都盆地周辺の丹波帯の踏査をもとに―」という題目で、9月24日(土)の午後6時30分より発表頂けることになりました。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。

また、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもふるってご参加ください。 (さらに…)


旧石器文化談話会第107回定例会のご案内

若葉青葉の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。旧石器文化談話会第107回定例会について、下記のとおりお知らせ致します。

このたびは今春実施された木崎小丸山遺跡(長野県大町市)の発掘調査成果の速報と、資料の検討・意見交換を実施する運びとなりました。ご多忙のこととは存じますが、ふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。

また、定例会終了後には懇親会も開催予定です。こちらにも是非ご参加ください。

 

日 時  2016年7月2日(土) 15:00~18:00

会 場  同志社大学新町学舎渓水館1F 考古学実習室

(さらに…)


旧石器文化談話会第106回定例会のご案内

晩秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、旧石器文化談話会第106回定例会の日程を、下記のとおりお知らせ致します。
今回は、渡邊貴亮さんより修士論文の作成前に、「(仮)後期旧石器時代ナイフ形石器文化編年の再検討~近畿・中四国地方を中心として~」という題目で、12月19日(土)に発表頂けることになりました。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。 (さらに…)


旧石器文化談話会第105回定例会のご案内

初夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、旧石器文化談話会第105回定例会を、下記のとおり開催いたします。
今回は、岩手県から来京される菊池先生より、「考古学のための堆積学」という題目で、6月27日(土)に発表頂けることになりました。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。

日 時  2014年6月27日(土) 午後6時~7時30分
(さらに…)


旧石器文化談話会第104回定例会のご案内

初夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、旧石器文化談話会第104回定例会を、下記のとおり開催いたします。
今回は、滋賀県大津市真野遺跡出土の旧石器資料(細石刃及び小型ナイフ形石器)について学びたいと思います。近畿地方の細石刃研究が進展する契機となる定例会にできたら幸いです。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。
また、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもふるってご参加ください。

日 時  2014年6月6日(土) 午後6時~7時30分
会 場  同志社大学新町学舎渓水館1F 会議室
(さらに…)


旧石器文化談話会第103回定例会のご案内

早春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、旧石器文化談話会第103回定例会を、下記のとおり開催いたします。

今回は、金木の発掘以前に報告されていた偽石器資料について学びたいと思います。近年、島根県砂原遺跡の事例研究において、斑晶観察法が提唱され、石器認定を議論する契機となる定例会にできたら幸いです。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。
なお、今回は、下記のとおり、開催時間が通常と異なりますので、ご留意下さい。
また、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもふるってご参加ください。

日 時  2014年4月11日(土) 午後5時30分から(午後6時50分頃終了予定)
(さらに…)


旧石器文化談話会第102回定例会のご案内

初秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、旧石器文化談話会第102回定例会を、下記のとおり開催いたします。

今回は、C14年代の最新成果による、近畿・中四国地方の石器群編年について学びたいと思います。近畿・中四国地方の編年研究が活発化する契機となる定例会にできたら幸いです。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。

なお、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもふるってご参加ください。

日 時  2014年9月27日(土) 午後6時から(午後7時30分頃終了予定)

会 場  同志社大学新町学舎渓水館1F 会議室

(連絡先:考古学実習室 Tel.075-251-3435/3437)

京都市上京区新町通今出川上ル(地下鉄「今出川駅」下車、西へ徒歩8分)

※新町キャンパスの場所(地図)については以下のURLをご参照ください。

http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/shinmachi.html

発表者 三好元樹氏(志摩市教育委員会)

タイトル  「14C年代と近畿・中四国地方の編年の現状」

「近畿・中四国地方は良好に土層が堆積している地域が少ないこともあり、研究者間で一致した編年が存在しない。近年の編年案について確認し、その現状を確認する。14C年代測定結果が将来的には編年を整備する材料となることが予想されることから、これまでに行われた14C年代測定結果についても検討する。年代の参照となる愛鷹山麓の14C年代の蓄積状況とその年代観についても紹介する。」

以上

※ なお、定例会終了後に発表者を交えた懇親会を開催したいと思います(会場は居酒屋「林」を予定)。みなさん是非ご参加ください。

(連絡先) 旧石器文化談話会 定例会担当 伊藤栄二

E-mail qqaa6dv9k▲pony.ocn.ne.jp(@を▲に置き換えています)

 


        Older Articles