jump to content immediately

旧石器文化談話会第100回定例会のご案内

深秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、すっかりご無沙汰となってしまい、前回開催からだいぶ日にちがたちましたが、下記のとおり旧石器文化談話会第100回の記念すべき定例会を開催いたします。
今回は、旧石器文化談話会評議員で、現在、奈良文化財研究所企画調整部企画調整室長(兼 展示企画室長)の加藤真二さんが、平成25年度岩宿文化賞(2013年11月3日:群馬県)を受賞されましたことを記念して講演会を開催したいと思います。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。
なお、定例会終了後には、ささやかではありますが、加藤さんを囲んで祝賀会も開催したいと思います。こちらにもあわせてご参加ください。
※今回は日曜日の開催です。ご注意ください。

日 時  2013年12月15日(日) 午後5時30分から(※今回は日曜日開催です。時間も少し早くなっています)
会 場  同志社大学新町学舎渓水館1F 考古学実習室
(連絡先:考古学実習室 Tel.075-251-3435/3437)
京都市上京区新町通今出川上ル(地下鉄「今出川駅」下車、西へ徒歩8分)
※新町キャンパスの場所(地図)についてはこちらをご参照ください。

発表者   加 藤 真 二 氏(国立文化財機構 奈良文化財研究所)
タイトル 「日中間の旧石器文化の交流に関する諸問題」

概要 日中の後期旧石器の関連性に関して、「後期旧石器の出現」、「日中のナイフ形石器」、「細石刃石器群の出現」いくつかのトピックをとりあげ、その研究の現状と課題について最新の観察成果を含めて、述べてみたい。

以上

※ なお、定例会終了後に加藤さんを囲んで祝賀会を開催したいと思います(開始時間は午後7時頃を予定しています)。

(連絡先) 旧石器文化談話会 定例会担当 絹川一徳
e-mail:kinugawa▲occpa.or.jp(▲を@に置き換えて下さい)

第39回 九州旧石器文化研究会(宮崎大会)

第39回 九州旧石器文化研究会(宮崎大会)開催のお知らせ

開催日:2013年11月30日(土)・12月1日(日)

テーマ:九州における瀬戸内技法の展開(仮題)

場所:宮崎市内(予定)
(さらに…)

admin in カレンダー,研究会 on 6月 30 2013 » 0 comments

第30回 中・四国旧石器文化談話会30周年記念シンポジウムのご案内

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。このたび、中・四国旧石器文化談話会30周年記念したシンポジウムを、下記の要領で開催することになりました。ご多忙中とは存じますが、よろしくご参加いただきますようご案内申し上げます。

1 日時 2013年11月16日(土)・17日(日)

2 会場 岡山大学津島キャンパス 法文経講義棟2階20番教室(〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1番1号)

3 テーマ 「石器石材と旧石器社会」
(さらに…)

admin in カレンダー,研究会 on 5月 24 2013 » 0 comments

第21回考古学研究会東海例会

第21回考古学研究会東海例会

環境変化と人類活動―更新世から完新世への移行と東海地方の石器群―

日 時  2013年7月27日(土)

場 所  三重大学人文学部3階大会議室

開催趣旨
縄文時代草創期には、更新世から完新世への劇的な環境変化が生じた。多くの古環境データから、長く続いた寒冷な環境が急激に温暖化した後に再び寒冷化し、その後、温暖な完新世を迎えたことが分かっている。この時期に、日本列島では定住化や土器の使用、食料資源の開発、狩猟具の変質などの多面的な変化が生じた。
縄文時代草創期の東海地方東部には、数多くの有茎尖頭器が分布し、全国的にみても遺跡が集中する箇所である。また、縄文時代草創期の土偶は東海地方西部と近畿地方東部のみで発見されている。重要な地域であるが、これまで環境との関係から人類活動の変遷が検討されることは乏しかった。近年の全国的な放射性炭素年代測定例の蓄積は、環境と石器群の対比を可能にしつつある。この会では、東海地方の縄文時代草創期の石器群の変化を周辺地域とともに検討し、この時期に人類がどのように環境に対応したかを明らかにしたい。

(さらに…)

admin in カレンダー,研究会 on 4月 24 2013 » 0 comments

旧石器文化談話会第99回定例会のご案内

春陽さわやかな好季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、前回開催からだいぶ日にちがたちましたが、下記のとおり旧石器文化談話会第99回定例会を開催いたします。
今回は、九州地方の黒曜石に関するテーマでお話ししていただきます。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。
なお、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもあわせてご参加ください。

           記

日 時  2013年4月20日(土) 午後6時から(午後7時30分頃終了予定)

会 場  同志社大学新町学舎渓水館1F 考古学実習室
       (連絡先:考古学実習室 Tel.075-251-3435/3437)
   京都市上京区新町通今出川上ル(地下鉄「今出川駅」下車、西へ徒歩8分)
   ※新町キャンパスの場所(地図)については以下のURLをご参照ください。
  (http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

発表者  芝 康次郎 氏(国立文化財機構 奈良文化財研究所)

タイトル 「南九州における黒曜石利用の展開」
(さらに…)

admin in 定例会,研究会 on 4月 09 2013 » 0 comments

『日本旧石器時代の礫群をめぐる総合的研究』刊行のお知らせ

旧石器研究者必携の書!

『日本旧石器時代の礫群をめぐる総合的研究』

保坂康夫著

刊行のお知らせ

日本列島の旧石器時代遺跡に広く発見される礫群について、研究の到達点を総合的に示したはじめての研究書です。本文477ページ(内引用文献18ページ)、挿図217 、表125。著者が広島大学から博士(文学)号を授与された学位論文で、35年にわたる研究の集大成です。旧石器研究者はもちろん、縄文時代の集石の研究にも参照すべき重要な研究書です。

是非、お求めください。

(さらに…)

admin in 図書 on 10月 22 2012 » 0 comments

旧石器文化談話会第98回定例会のご案内

秋気肌にしみるさわやかな好季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、たいへん久しぶりとなりましたが、下記のとおり旧石器文化談話会第98回定例会を開催いたします。
今回は、下北半島で行われた洞穴遺跡の発掘調査についてのお話です。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。
なお、定例会終了後には発表者を囲んで懇親会も開催予定です。こちらにもあわせてご参加ください。

日 時  2012年10月20日(土) 午後6時から(午後7時30分頃終了予定)
会 場  同志社大学新町学舎渓水館1F 考古学実習室
(さらに…)

古代学協会公開講演会のお知らせ

■古代学協会公開講演会

人類の遠い過去の物語 ラスコー洞窟壁画の世界

  • 講師:五十嵐ジャンヌ先生(東京藝術大学美術研究科リサーチセンター)
  • 日時:2012年10月8日(月・体育の日)
  • 場所:佛教大学四条センター(京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4F) TEL 075-231-8004
  • 主催:財団法人 古代学協会

(さらに…)

admin in カレンダー on 9月 17 2012 » 0 comments

第29回中・四国旧石器文化談話会のご案内

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。このたび、第29回中・四国旧石器文化談話会を、下記の要領で開催することとなりました。ご多忙中とは存じますが、よろしくご参加・ご協力いただきますようご案内申し上げます。
(さらに…)

admin in カレンダー,研究会 on 8月 17 2012 » 0 comments

旧石器文化談話会第97回定例会のご案内

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、新年早々ではありますが、下記のとおり旧石器文化談話会第97回定例会を開催いたします。
今回は、先史考古学をとりまく自然科学研究の最前線について学びたいと思います。わたしたちが日ごろ接することが少ない研究分野の研究者にお話しいただきます。さまざまな刺激や新たな研究展開のきっかけを得られれば幸いです。どうかふるってご参加下さいますようご案内申し上げます。
(さらに…)